プロが伝授 つけもの教室レシピ

古代米酒粕を使った粕漬

材料
大根 1/4本(約)250g
パプリカ(赤) 50g
じゃがいも 150g
塩(切った野菜の3%) 14g
粕床
古代米酒粕(19%)…38g
酒粕(19%)…38g
砂糖(19%)…38g
塩(1.5%)…3g
すりごま…適量
合計…117g
(下漬け後しぼった後の重さ(200g)に対して)

手順

  1. 大根、じゃがいもは洗って皮をむく。けんつきで突く。
  2. パプリカは縦に八つに割って種を取り、洗って2~3mm厚さに切る。
  3. じゃがいも・パプリカを熱湯に通す。水にとって冷ました後ザルにあげて水気を切る。
  4. 下漬け用の塩で1晩下漬をする。
    (ビニール袋に野菜を入れ、塩を振る)
  5. 粕床を作る。酒粕・砂糖・塩・好みですりごまを容器に入れ、よく混ぜる。古代米酒粕の米粒が気になる場合、包丁でたたいて細かくする。
  6. 下漬した野菜の水気をしぼって粕床に入れて良く混ぜる。
  7. 冷蔵庫で保存してください。
  8. 翌日から食べられます。
 
つけもの教室レシピ一覧
レシピ集トップへ

畑の便りブログ

フェイスブックページを開設しました

株式会社本長
〒997-1124 山形県鶴岡市大山一丁目7-7
TEL:0235-33-2023 / FAX:0235-33-0878

© k-honcho.co.jp