2011年07月19日(火)

「在来野菜を伝える意義」

山形大学農学部 准教授 江頭宏昌氏

 当社もいろいろとお世話になっている山形の在来野菜の第一人者江頭先生による特に赤カブの焼き畑についての講義でした。
当社でも取り扱っている焼き畑で栽培する「温海カブ」。その焼き畑についての化学的な考察は非常にためになりました。火入れをすることで、リン酸、カリウムが地中に増えPHが 約1.0上昇します。それにより、化学肥料を使わず、しかも熱による殺菌効果で病原菌、雑草の種子を農薬を使わずに駆除できます。赤カブもきめの細かい、味のすばらしいものが出来上がります。当社では、10月下旬に発売予定です。
 



(株)マルハチ  阿部武敏 会長

 同業でもある㈱マルハチの阿部会長の、商品開発にかける熱のこもった講義でした。マネでは絶対トップになれない。オリジナルにはかなわない。常に「私達 にしかできないものを作る」。わかっていても難しいことです。最初に商品に対する強い思い、本気で惚れ込むことが原点であるとのことでした。非常に参考に なる熱いお話でした。

2011/07/19 13:29 | 講座



畑の便りブログ

フェイスブックページを開設しました

株式会社本長
〒997-1124 山形県鶴岡市大山一丁目7-7
TEL:0235-33-2023 / FAX:0235-33-0878

© k-honcho.co.jp